飯豊大石川・中俣・西俣


2016年5月27日〜29日 雨→晴れ
メンバー:真島(L・記)、榎本、松井





 【1日目】
  今日の予報は朝のうち雨、のち晴れるということで遅めの6時にダムサイト駐車場で待ち合わせ。
 今年最初の源流釣行でもある。もっとも、松井氏は先週秋山郷へ行ってきて、また竿を折って
 きたらしいが。さすが松井さん!

  待ち合わせ場所に時間通りに着くと東京の2人組も起きてきた。
 2人は昨日の夜から来ていて駐車場で20時から飲んで早めに寝たとのこと。睡眠はバッチリだ。
 着替えをし、軽く朝飯を詰め込んでいざ出発。雨もやんだ。6:30


P5270003.jpg

P5270005.jpg

  やんだと思ったが小雨が降ったり止んだり。カッパを着るほどでもないのでぬれながら歩く。
 去年の9月にも歩いた道だが、倒木が増えたようだ。道の上に横倒しになっていて歩きづらい。
  1時間半ほどで大曲りまで来た。谷に下りるといつものように雪渓が残っている。
 だが、5月末にしてはずいぶんと薄くなっており上を行くには危険だ。下流側へトラバースして
 クリアした。ここから一度登り返して下りればテンバだ。
  テンバにちょうど2時間ほどで到着。テンバ前の斜面にブルーシートが捨ててある。
 ごみは持ち帰ろう!

P5270013.jpg


  まずはタープを張り、まきを集め、水場を整備し、ビール、生ものを冷やした。
 俺は今回、ビールは2本と少なめにしたが、榎本氏はなんと6本も持ってきていた。
 どうりでザックが重いわけだ。


P5270014.jpg


  準備が済んで釣りに行くころには雨もやんだ。今日は中俣を釣り明日は西俣本流の予定。
 出会いからすぐに竿を出す。松井氏と俺はエサ、榎本氏はテンカラだが誰もなかなか当たりがない。
 ほとんど人は入っていないと思うが、水温が低いせか渋い。雨は上がったが曇り空で結構寒い。
 エサでは粘ればなんとか釣れるが活性はかなり低いようだ。型もいまいちだし、この分では今夜の
 刺身は難しいかと思いながらも釣り上がる。


P5280020.jpg

P5280023.jpg

P5280025.jpg

P5270018.jpg

  P5280026.jpg

  その内、榎本氏の毛バリにも反応が出始め、俺もテンカラに代える。晴れ間も出てきて
 暖かくなり魚も動きはじめた。刺身とから揚げ用に5匹ほどをキープし、テンバに戻ること
 にしたが、松井氏は西俣本流を少し釣って帰るとのこと。

  榎本氏と2人で戻り、彼が持ってきたビールで乾杯した。ごちそうさま。
 その後、松井氏も帰ってきて本格的な宴会の始まりだ。今年初のイワナの刺身とから揚げを堪能し、
 持ち込んだ食料を肴に飲んで食って飲んだ。20時ころには寝てしまったようだが覚えていない。

P5280029.jpg

P5280033.jpg

P5280034.jpg

 【2日目】
  6時すぎに目が覚めたが、松井氏は5時前には起きていたようだ。この人は相変わらず早起きだ。
 今日は西俣本流の予定だが、昨日の活性を考えると朝のうちは活性が低いと思い、ゆっくりと
 朝飯を食ってから出発することにした。榎本氏が食後のキジウチに出かけていると、登山道を
 3人のパーティが通り過ぎて行ったようで、落ち着いてできなかったようだ。それはそうだ。
 それにしても、3人はどこまで行くのか?また釣りにきたのか?まあ考えても仕方ない。
 8時半にテンバを出発し西俣本流へ。

  今日は最初からテンカラで攻めるもやはり反応がいまいちだ。松井氏のエサには結構当たりがある。
 そのうち、榎本氏がルアーに代えたが、これが結構釣れる。毛ばりよりはるかに反応が良い。
 結局のところ、水温が低くイワナは底の方にいるということか。
 とはいえ、だんだん日が高くなって沢にも光が差し込んでくるころになると、テンカラにも当たり
 が出てきた。天気も良く快適に釣りをを楽しみながら順調に釣り登った。
 昼飯を食った後、遡行を開始すると先行者を発見。どうやらこの少し先から入渓したようだ。
 本日の釣りはここで終了。13時。 登攀が可能なところで登山道まで登り、テンバに引き返した。

  テンバまでの登山道はさらに荒れており、倒木がいたるところに横たわっている。
 テンバまで帰るのにも結構きつい。これでは、7月に予定していた大熊小屋泊まりの計画は
 断念せざるを得ないと3人で話し合い、別の沢に行くことに決めた。
 15時前にテンバ到着。俺と榎本氏はワラビ採り、松井氏はもう1回釣りに行くという。
 なんとも元気なスーパージジイである。

  榎本氏と2人で先に戻り、日が高いうちから飲み始めた。松井氏も1時間ほどで帰ってきて
 最後の晩餐の始まり。今日はイワナの塩焼きと刺身。それから昨晩とは別味のから揚げと
 イワナ料理が並ぶ。持ってきた食材と酒をほとんど胃袋におさめ、シュラフにもぐり込んだが
 今夜はかなり冷える。朝までぐっすりとはいかなかった。松井氏のみは厚めのシュラフだったらしく
 快適だったようだ。


 【3日目】
  今朝も6時起き。例によって松井氏のみは5時起き。昨夜焚いておいたごはんでチャーハンを造り、
 食材を食べつくして8時半出発。
 今回は松井氏が竿を折らなかったが、一緒に釣行してこんなことははじめてかも。
 10時半にダムサイト到着。温泉に入ってラーメンを食って解散。